メディアからの情報で、自分の人生が決まってしまっているってことを知ってますか?

日常の中での発見


「ブログ」という「メディア」を「選択」して、「正しい情報」を「発信」している、D.O(@Deeooo1242)です。


これはみなさん、あまり意識したことがないと思いますが、

人はメディアから受けた情報で自分の人生が決められているという、恐ろしいことがあります

…別にただ生活しているだけなんだけど、それがどうしたの?って話なんですが、

何が言いたいのかというと、人は伝えられた情報を基に、動きをとりませんか?

って考えると、その情報に感銘を受けた時、その情報がある方に向かって行動するから、

人は夢を追いかけたりするんではないでしょうか?


「あこがれの人がTVに出ていて、そこから衝撃を受けたことがきっかけで、私は今TVに出るまでになったんです。」

と、そんなシーンをTVで観たことがありませんか?

この連鎖によって、人の栄光ある人生が作られていると思えば、やっぱ情報の力って凄いですよね。

なので、恐ろしいんです。

そしてその情報が正しいと、このように成功者が現れ続けるわけなんですが、

もしその情報が間違っているものだった場合、人はその情報によって人生を落とすことになってしまうと思いませんか?

実はインターネット上で伝えられている情報の半分以上が、

根拠が無かったり、都合のいい部分が大げさに盛ってあったり、

法に触れないぎりぎりの虚偽の情報が発信されていたりする。と、

警視庁のサイバーセキュリティにいる専門コンサルタントの先生の講習で学んだとこがあります

結論、50%は結果的に嘘となる情報だというのです。

こんな時代だからこそ、情報を適切な形で仕入れたり、発したりすることに改めて目を向けてみて欲しいので、

今回は、情報とメディアのことについて少し書いてみたいと思います。


メディアってなに?


メディアとは、「情報」を伝えるモノを言います。

人は生活の中で、自分が知っていることを人へ伝えながら暮らしを助け合ってますが、

それを伝える手段に、メディアを使ってます。

メディアには色々な種類があり、

  • 新聞や雑誌や書籍のような紙媒体
  • CDやDVDのHDDのようなディスク媒体、
  • ウェブやメールやそれらを閲覧するPCやスマホなどの電子媒体

があります。

僕達の生活にかかせないTVやラジオだって、メディアの元祖ですよね

このようにメディアは記録媒体として、生活を楽しくしてくれる映画や音楽などの「番組」を伝えることが主流ですし、

作品と言われる一つの情報形式では、この保存という概念を活かし、いつでもチェックできるようにしてあります。

マスメディアとは


同じような言葉で「マスメディア」という言葉がありますが、

これは、人間の生活上でインフラともなるレベルで使われてる、主要なメディアのことを指して言います。

それらの特徴は、不特定多数の大衆に向けて大量の情報を伝達していることなんですが、

となれば、自動的に配信(供給)され続けていて、観たい時や聴きたい時な好きな時にこちらがチャンネルを合わせてチェックできるようになってるTVやラジオなんかはそうなりますし、

近年では、PCやスマホからアクセスする形で閲覧するYouTubeやPodcastでさえ、もうマスメディアです。

情報伝達が一方から行われて、受け手側はそれを自由に取り込んでいる様式のメディアだということですね。

マスコミとは


そしてそのマスメディアを通して、情報を発信している局のことを「マスコミ」といいます。

TV局やラジオ局、新聞社や出版社、広告代理店や作品制作会社など、情報を報道や広告という形にして世の中に発信している機関や企業や商社がそれに当たります。

が、今の時代では、YouTuberやブロガーやアフィリエイターやインフルエンサーなどという人や、

コンサルタントやライターが自分のメディア(ウェブサイトやマイチャンネル)を持って運営していれば、

それらの存在もマスコミということになります。


情報がいかに生活の役に立っているのか


上記のような存在は、自分達が持っている情報を、自身の影響力を使っていかに多くの人に届けられるのかが重要なワケですが、

それを考えると、我々人間は情報で生きている割合が99%と言ってもいいくらいに、

メディアの力で生活や社会を回しているということがよく分かります。

現代社会では、一つの物事に対してどれが正しいのか分からないくらいに、

ありとあらゆる方向から「あっちが正しい」「こっちが正しい」と言わんばかりに、沢山の情報が飛んできます。

こんな情報合戦な世の中だと、何を信じたらいいのか迷ってしまいますよね

んで結局のところ、人は何を根拠に情報を選択しているのかと言うと、その情報が正しく合ってるかどうかよりも、

TVやラジオが言ってるんだから。

新聞や本に書いてあるんだから。


あのアレントやあのアーティストが出した作品だから。


このYouTuberやこのブロガーが紹介しているから。

で、情報を選択しているんです。

なので、情報はちゃんと操ってやる必要があります

伝える「向き」「方法」をです


情報を受信してばっかりだと、間違っている情報に気づけない


普通我々って日常の生活の中では、TVやラジオやネットから情報を観て聴いてばっかりですよね?

どちらかというと、自分から情報を話すことがメインではない生活だと思います。

それは通常なことですし、全く否定もありませんが、

時にはその仕入れた情報を自分で取りまとめた上で、

今度は自分が誰かに何処かに話したり書いたりして伝えるってことをしてみて欲しいんです。

大衆に向けてですよ。

大衆に届けられる形式や文法に設定して情報を伝えるということです。

SNSで日記を挙げている。って度合いであれば、まだ小さいと思います。

実は人って、情報を取り込む側だけでいると、騙されやすくなるんです。

これが大衆に情報を発信する側になると、その情報が正しいのかどうなのかを自分確かめて検証し、それから最適な情報を届けようとするので、

間違った情報を信じ込まない力がつき、判断力を強くすることができるんです


それによって、間違った情報で生活してしまったことによる、事故や遅れを防止できて、

取り返しのつかない事態を予防できるようになるんです。

情報発信は、人の為のようで実は、自分の為になるんですね。


まとめ:情報は発信すること。そうしたほうが人は幸せになれる


情報とメディアについて、皆さんはどう感じましたか?

もうこんなにまでなると、情報で人を操作できてしまうということですね。

情報って色々な人が、対して根拠がない状態のまま、

自分がいいように思い込んだ「その人自身が好んだ情報を伝える」という特性があります


そのよくある伝達方法として「口コミ」がありますが、

そのせいで今の時代では、ネット上でのバズや炎上によって、

それらが正しいのかどうかも分からないままの情報で、

人が祀り上げられたり、死んでしまったりしてるんです。

なので、情報を選択を正しく行えるようにならないと、

人を傷つけたり、自分が痛めつけられたりするので、


情報を受ける側ばかりではなく、情報を送る側にもなってみてほしいと思います。

その際には、どのメディアを使って情報を届けるのが良いのかをよく考えて選択してください

かといって、人は情報を生活の糧にして生きているということだけは間違いないので、

情報やメディアの知識を持っておいてそれを有効活用できるようになれば、それが凄い武器となって、

それからの人生が大成功するなんてことが普通にあるんですから。


コメント

タイトルとURLをコピーしました